カテゴリーから探す

会員登録/修正
  • エイアンドエフ2020総合カタログ
  • マグライトマーキング
2020年 05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店休日
2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
店休日
 
Now Loading...

トップ > 小物/雑貨/書籍 > 山の神々

山の神々

山の神々

  • ■著者:坂本大三郎
    ■ページ数:258ページ

  • 山の神々は伝承と神話の道をたどる書籍です。
    日本の山について、どれほど知っているだろうか。千葉県でイラストレーターをしていた著者、坂本大三郎は30歳で山伏となった。
    「山の神々」は日本人が古来より自然とどう向き合ってきたのか、山伏の視点で伝承と神話の道をたどる書籍です。
    古来、日本人は自然物や自然現象のなかに現し世ならざる「何か」を感じ取り、それを神として崇め、多様な儀礼をおこなってきた。
    この視点で登山をしたことがあっただろうか。 そう意識させ、こんなにも知らないことがあるのかと考えさせられる。 日本人の根幹を成してきた山岳信仰の源流を読み解く。
    行ってみたい山ができる、好きな山が見つかる一冊。

ブランド名:
A&F出版
SKUコード:
08730022000000
JAN/UPC:
9784909355126
在庫:
○在庫あり
価格:
1,870 円(税込)
数量:

A&Fブックスのみ購入の場合、送料は無料(代引き配送は不可)とさせていただきます。但し、本以外の商品と一緒にご購入された場合は、10,000円以上ご購入で送料無料となりますので、ご注意下さい。また、本以外の商品と一緒にご購入された場合は本以外の商品に関しても代引き配送は不可とさせていただきます。 また、ポスト投函での発送となりますので配達時間指定はできません。配達時間指定されてご注文の場合に関しても、配達時間指定無しでの発送となりますので、ご了承の上ご注文お願いします。
かごに入れる
期間限定!!ご購入合計5,000円以上お買い上げでどこでも送料無料!!
ご利用ガイド

※繁忙期、天候不順などによって配送の遅延が起こることがございます。詳しくは、ご利用ガイドの配送についての「繁忙期、天候不順などによる配送遅延につきまして」の項目をご参照ください。

※写真は実物カラーに近づけて撮影しておりますが、パソコンのモニタ設定環境、光の当り具合などによって若干違ってくる場合がございますのでご了承下さい。

  • 探検家・作家 角幡唯介
    ここには日本の山について知らないことがいっぱい書かれていた。
    人間が山とどのように向き合ってきたか、その古層が見えた。

    内容 目次
    第一章 山岳信仰の始まり
    第二章 民俗と山
    第三章 山岳信仰以外の山
    第四章 金属と猫と狼
    第五章 海の山
    第六章 北の山岳信仰
    第七章 柱と綱とモリ

    著者紹介
    坂本大三郎 (さかもと・だいざぶろう)
    1975年生まれ。山伏、イラストレーター、文筆家、芸術家。千葉県出身、山形県在住。芸術家として「山形ビエンナーレ」「瀬戸内国際芸術祭2016」「リボーンアート・フェスティバル2019」などに参加。著書には『山伏と僕』(リトルモア)、『山伏ノート』(技術評論社)などがある。

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

この商品についてのレビューを投稿する
  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

ページトップへ