カテゴリーから探す

会員登録/修正
  • エイアンドエフ2021総合カタログ
  • マグライトマーキング
2022年 10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
店休日
2022年 11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
店休日
 
Now Loading...

トップ > 小物/雑貨/書籍 > > むう 風土記

むう 風土記

むう 風土記 むう 風土記 むう 風土記
むう 風土記 むう 風土記 むう 風土記
  • ■著者:松鳥むう
    ■ページ数:304ページ

  • 失われつつある日本の伝統が鮮やかに蘇る!
    食文化、伝統行事、地域の伝承……。
    時を紡ぐ体験を通じ、温かな人々に出会う。
    人や環境が変わっていくと共に、生活も食も必然と変わっていく。
    現状維持も大切かもしれない。
    でも、変わっていくコトも、それはそれで、また、文化のひとつだ。(本文より)

ブランド名:
A&F出版
SKUコード:
08730039000000
JAN/UPC:
9784909355355
在庫:
○在庫あり
価格:
1,980 円(税込)
数量:

ご購入合計10,000円以上お買い上げで全国どこでも送料無料!!
かごに入れる
A&Fブックスのみ購入の場合、送料は無料(代引き配送は不可)とさせていただきます。但し、本以外の商品と一緒にご購入された場合は、10,000円以上ご購入で送料無料となりますので、ご注意下さい。また、本以外の商品と一緒にご購入された場合は本以外の商品に関しても代引き配送は不可とさせていただきます。
また、ポスト投函での発送となりますので配達時間指定はできません。配達時間指定されてご注文の場合に関しても、配達時間指定無しでの発送となりますので、ご了承の上ご注文お願いします。
ご利用ガイド

KAVU カブー ベースボールキャップ
  • 目次

    【目次】
    郷土の食と文化を通じ、地域の魅力を再発見!
    茶節 (鹿児島県)
    海の鰹と山のお茶とが出会って生まれたお薬ごはん
    イクラと石油(新潟県)
    冬の宝石と古代の燃ゆる水
    白エビ(富山県)
    メジャーに上り詰めたアイドル
    沖縄てんぷら(沖縄県)
    戦後復興とともに生まれたソウルフード
    どぶろく祭り(岐阜県)

    老若男女が唄い踊る祭事
    オコナイとふなみそ(滋賀県)
    楽しく変化して受け継いでいく神事
    納豆餅(滋賀県・京都府)
    滋賀と京都の知られざるソウルフード
    鯨食文化となべぞうせ(長崎県・佐賀県)
    生命を助け、頂く
    酒田まつりとあんかけ文化(山形県)
    庄内と関西を繋ぐモノ
    シモツカレ(栃木県)
    強烈な姿の神聖なる行事食

    【目次詳細】
    ●茶節
    海の鰹と山のお茶とが出会って生まれたお薬ごはん
    不思議な飲み物 008
    茶節を求めて三千里!? 012
    鰹と緑茶のミラクル・マジック 014
    元気の素、そしてのんべえの安らぎ 017

    ●イクラと石油
    冬の宝石と古代の燃ゆる水
    田んぼを抜けた先の宿へ 024
    鮭と石油の能代川 028
    宝石イクラのお値段は? 034

    ●白エビ
    メジャーに上り詰めたアイドル
    高岡の居酒屋は別世界!? 038
    嬉しい番狂わせ 044
    シンデレラ・ストーリー 048

    ●沖縄てんぷら
    戦後復興とともに生まれたソウルフード
    狡蠹瀬僖肇蹇璽覘瓩箸いμ召凌べ歩き 054
    名店の予感 061
    戦後復興のなかで生まれたモノ 064
    テビチスープ会での出会い 067
    発見と驚きの連続、那覇ヲタツアー 071
    御嶽とカーはなぜ神聖なのか? 077
    那覇ヲタのオススメてんぷら 083

    ●どぶろく祭り
    老若男女が唄い踊る祭事
    5ヵ所で行われる白川村のどぶろく祭り 088
    小さな集落・平瀬温泉のゲストハウス 090
    胃薬はマスト!? 095
    国策で失われてしまったモノ 097
    朝からどぶろく三昧 099
    そこは桃源郷だった 102
    どぶろくが醸し出す世界 112

    ●オコナイとふなみそ
    楽しく変化して受け継いでいく
    オコナイという予祝行事 120
    よそと雰囲気が違う梓河内 121
    のんべえの遺伝子 127
    変化するコトで行事は残る 132
    神様からのプレゼント 138
    笑い声あふれる民俗行事 143
    神様の願い 147

    ●納豆餅
    滋賀と京都の知られざるソウルフード
    近畿圏も納豆好き!? 152
    爐な粉+塩瓩両弖 156
    仰木集落のソウルフード 159
    バリエーション豊富な京北の納豆餅 164
    平安宮中のハレの日ごはん 169

    ●鯨食文化となべぞうせ
    生命を助け、頂く
    『ピノキオ』の世界のその先へ 176
    年の瀬の築町商店街 178
    長崎の正月料理オンパレード 182
    福江島の捕鯨基地へ 186
    鯨賓館ミュージアム 188
    イルカの背ビレは子どものオヤツ 193
    鯨の骨の鳥居 204
    新たな鯨料理を求めて 207
    午前10時の濃い目のオヤツ 210
    鯨の骨切り唄保存会のおばあちゃん 213
    骨切りの生き証人 217
    いざ!!爐覆戮召Δ鮫瓩箸澗侈 220
    生命の循環 228

    ●酒田まつりとあんかけ文化
    庄内と関西を繋ぐモノ
    関西人にとって爐△鵑け瓩箸浪燭 236
    酒田の三大祭りごはん 239
    それは似て非なるモノだった 242
    どこまでも爐△LOVE瓩兵鯏 246
    あふれる酒粕愛 249
    獅子パックンの謎 253
    「酒田の大火」に思う 256
    繁栄の象徴としての犂鼎記 260
    雪国のグラスの向こうに 266

    著者紹介
    松鳥むう(まつとり・むう)
    イラストエッセイスト。離島とゲストハウスと民俗行事をめぐる旅がライフワーク。その土地の日常に、ちょこっと混ぜてもらう旅が好き。
    著書には『トカラ列島 秘境さんぽ』(西日本出版社)、『おばあちゃんとわたし』(方丈社)、『日本てくてくゲストハウスめぐり』(ダイヤモンド社)、『あちこち島ごはん』(芳文社)、『ちょこ旅 沖縄+離島 かいてーばん』『ちょこ旅 小笠原&伊豆諸島 かいてーばん』(以上、スタンダーズ)、『島旅ひとりっぷ』(小学館)などがある。季刊誌「うかたま」(農山漁村文化協会)で「日本あちこち食べ歩き 郷土ごはん」連載中。

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。

この商品についてのレビューを投稿する
  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

ページトップへ